ミネラルの補給!なくてはならない栄養素!

ミネラルの補給

ビタミンと同様に体にとって必要不可欠な栄養素がミネラルです。

タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルが5大栄養素と言われているようにタンパク質や脂質、炭水化物が働くときになくてはならない栄養素なのです。

ミネラルはどの成分も体内で合成する事が出来ない成分の為、食事やサプリメントなどから補給してやる必要があります。

またミネラル分は摂取目安量と上限摂取量の幅が狭い事も特徴で、摂取が足りなくても欠乏症などの症状が現れますし、摂取が多すぎると過剰摂取の症状が現れます。

出来るだけ食事から摂取する事が理想ですが、成長期の子供や貧血などでもう少しプラスアルファで補いたい場合、サプリメントなどで補給するのが良いでしょう。

最近ではお子様向けのカルシウムタブレット等も販売されていますよね。

カルシウムには吸収率を上げるビタミンDを一緒に摂取するのがおすすめです。サプリメントだと予め一緒に配合されているものも多く見かけます。

ビタミンDは紫外線を浴びる事でも体内でも合成される成分なので、外で沢山遊ぶことも必要だと言う事ですね。

ミネラルと肌

お肌の状態と言うと普段の食生活、ビタミンやミネラルの摂取不足により大きく左右されると言えます。

肌荒れと言えばビタミン不足が考えられることが多いのですが、実はあるミネラルが不足すると肌荒れしやすくなるとも言われています。

そのミネラルが亜鉛です。 亜鉛には酵素を働きを促進したり、活性酸素を除去したりと、アンチエイジングやがん予防にも効果があると言われています。

他にも爪や脱毛に関わっているミネラルも亜鉛で、生殖機能や胎児の成長には欠かせないのも亜鉛だと言われています。

これ以外にも亜鉛には色々な働きがあり、インシュリンの分泌を調整して血糖値を安定させたり、粘膜の健康にも関わっている成分なので、風邪などの感染症の予防にも役立っています。

亜鉛が不足すると最初に現れる症状が味覚異常だと言われています。

そして細胞分裂に関わっている肌や爪、髪の毛などと言った場所に異常が現れるようになります。

男性では勃起不全や精液欠乏症など、妊婦では胎児の発育不良などが起こるようです。

亜鉛は神経系にも大きくかかわっていると言われており、うつの様な症状が現れる事もあるようです。